肉が食べたい!衝動はなぜ?急に肉が食べたい理由とは

肉が食べたい!衝動はなぜ?急に肉が食べたい理由とは

急に「肉が食べたい」と、無性に思うこと、ありませんか?

普段は別に肉じゃなくてもいいのに、どうしてもなぜか肉が食べたいと思って止まらないとき、体では何が起こっているのでしょうか。

今回はなぜか肉が食べたいときの、体の理由を見ていきます。

なぜか急に肉が食べたい!理由

なぜか肉が急に食べたくなる時、体では何が起きているのでしょうか。

<その①>
なぜか肉が食べたいときには、単純に「栄養が不足している」ことが考えられます。

肉だけではなく、特定の食べ物が食べたくなるときは、栄養素が不足しているので、体が「肉が食べたい!」と知らせてくれている可能性が高いです。

鉄分、タンパク質、ビタミンなどの不足が考えられます。

しっかり栄養が満たされれば、「なぜか肉が食べたい…」という謎の衝動は収まると思います。

<その②>
肉が急に食べたくなる理由は、「エネルギー不足」や「疲労」ということもあります。

一日仕事をしたり、運動をしたりして、体のエネルギーを使ってしまったとき、エネルギーを欲することで「なぜか急に肉が食べたい…!」と思うことがあります。

タンパク質は、エネルギーに代謝されるので、疲れたら「肉!」と体が思うのでしょう。

また、運動で体を使った後には、体は一種の飢餓状態(エネルギー不足)になります。

タンパク質を摂ると、運動後に傷んだ筋肉が修復されたり、筋肉が形成しやすいのです。

<その③>
「なぜか無性に肉が食べたい!」と思った時、体だけではなく、心理的・精神的にも原因があるときがあります。

つよくストレスがかかると、「なぜか肉が食べたい」と感じる人がいます。

体内には「セロトニン」という、抗ストレス物質があるのですが、不足するとイライラします。

症状が重いと、不眠や精神不安定に陥ります。

なぜか肉が食べたくなるのは、セロトニンを作る原料が、肉に含まれているから。

肉には必須アミノ酸「トリプトファン」が含まれ、セロトニンを形成することができます。

つまり、なぜか肉を欲する、というのは、心が精神安定を求めている場合もあるのです。

<その④>
女性の場合は、生理前や妊娠など、鉄分不足に陥りがちな時期も関係しています。

まとめ

なぜか急に肉が食べたい、という衝動について、今回はみてきました。

心的、あるいは身体的なことが原因で起こる「栄養不足」が原因のようです。

精神的にしろ、身体的にしろ、どちらも体からの「おしらせ」であるので、無視せずに向き合うとよさそうです。

栄養バランスの取れた食事を心がけれ、かつスポーツや体の周期に合わせて、多少多めに摂ったりと、工夫すればあまり感じなくなるかもしれません。

では今日も一日、快適に過ごしましょう。