不平・不満の愚痴を言わない人はストレスがたまるのか?愚痴をやめるメリット

不平・不満の愚痴を言わない人はストレスがたまるのか?愚痴をやめるメリット

不平・不満や愚痴をこぼす人が嫌われがちなのはわかります。

どんなときでも、不平・不満や愚痴を言わないで、前向きに頑張れる人って、素敵ですよね。

しかし、不平・不満・愚痴を言わない人は、ストレスは溜らないのでしょうか。

不平・不満・愚痴は言わない方が幸せは寄ってくると思っていても、実際は我慢だらけで苦しいのでしょうか。

今回は、「不平・不満・愚痴を言わない人の心理」に、焦点を当ててみたいと思います。

不平不満を言うことは悪いこと?

不平不満・愚痴を言わない人は素敵ですが、では不平不満や愚痴を言う人は、悪い人なのでしょうか?

不平不満や愚痴を言うことは、必ずしも悪いことかというと、もしかしたらそうではないのかも、と思うことがあります。

なぜかというと、それだけ「物事に意見を持っている人」ともとれるからです。

意見や理想があるのに、状況を考えてしまって解決の方向に進めない、となると、不平不満や愚痴という形になってしまうのではないかと思うのです。

不平不満があるのは、悪いことではなく、むしろその「出し方」が重要で、「愚痴」となって表れるのは、あまりよくないことなのです。

不平不満を愚痴にして言う原因は何?

愚痴にしては良くない、と個人的には思います。

なぜかというと、理由はいろいろあります。

①物事の悪い点はわかっているのに、解決する気がない
②悪い言葉は空気を濁す
③愚痴を聞く人のことは考えていない=人が離れていく

さっと思いつくことでも、これだけあります。

なによりも、「愚痴を言いたいだけの人」になるのが、一番よくないと、個人的には思います。

他人への文句は、なぜか話が盛り上がったりします。

飲み会で、その場にいない誰かの話で、異様に盛り上がったりしませんか?

そうして一種の団結を感じたりしませんか?

なぜそれは独特の愉しさを含むのでしょうか。

〇優越感
〇自分は“わかっている人間”だと思える
〇同調したりされたりすることで安心する
〇他人を批評できる
〇自分の身を切る行動はひとつもない

一言でまとめると、優越感が大きいのかなと思います。

また、愚痴を言うというのは、実際に物事を変えていくこととは違い、一時の労力や物理的なリスクはほとんど感じません。

“お手軽な優越感”とでもいいましょうか、実際には、今を変える行動には一切つながらなくても、関係のないことだから、不平不満が愚痴となって現れるのではないかと思います。

「こんなこと言いたくないけどさ…」

なら言わなきゃいいのです。

なのに言ってしまうのは、「私は物事をわかっている人」アピールをしたいだけなのではないか、と思えて仕方がないのです。

不平不満を愚痴にしないのはなかなか大変

実際、不平不満を愚痴にして言わないのは、すごく大変なことだと思います。

そういう考えをしてこなかった人には、修行に近いです。

常に自分を律している必要があります。

なぜかというと、「不平不満」というのは、「意見」「感想」でもあるからです。

「愚痴を言わない人」というのが、「何の意見も感想ももたない」がゆえの「愚痴を言わない人」なのか、「物事に対してはっきり意見をもち、解決する行動をする」けど「愚痴を言わない人」なのか、これは似て非なる、まったくの別物です。

「“意見も感想も持たない”から愚痴を言わない人」は、その物事について「興味がない」「どうでもいい」と言えるかと思います。

「“意見や感想をしっかり持っている”から愚痴を言わない人」の場合は、しっかり意志エネルギーを持ちながら、それが「愚痴」という、ゆがんだ方向にいかないように、しっかりと意思を持って行動し続けなければなりません。

でもそれができたら、周囲の人間から見たら「すごく素敵な人間」「良い意味で頼れる人間」になっていくのではないかと思います。

「愚痴」は自分ベクトル

愚痴は、ベクトルが自分に向いているのではないかな、と考えることがあります。

他人について話すのが「愚痴」ですが、「愚痴を言う」という行動は、他人のことはあまり考えていませんよね。

「愚痴を言う」ことの最大の目的は、「自分が今抱えているストレスから逃れること」「同意を得て安心すること」などにあります。

愚痴を言う人に「こうしたらいいんじゃない?」というと、反発されることがある場合は、完全に自分ベクトルだな、と思います。

解決を求めてはいないことが多い、ということは、今の私の気持ちを、私の都合の良いように聞いてよ!というのが心理ではないでしょうか。

もちろん違う場合もあるかもしれませんが。

「愚痴」を言って、一時すっきりすることができても、原因は取り除かれないわけですし、ということは、また愚痴をいうことになります。

「“愚痴を言うこと”がしたい人」になっていませんか?

愚痴を言う時間を、解決のために使う

愚痴を言う人は、大体今のストレスの原因を把握している人だなと思います。

ということは、原因は自分で分かっているのだから、原因を取り除くこともできるはずだ、と思うのです。

もちろん、物事の大きさや重要さによって、解決までの道のりや時間は変わってきます。

それでも、現状を本気で変えたい、と思うなら、必ず変えようと思うし行動するはずです。

もし原因を取り除けたなら、自分も新しいステップに進めるし、原因が周りの迷惑になっていたとしたら、周りからも感謝されるはずです。

それが、もし物事の不平不満・愚痴を言っているばかりなら、自分が“他人の不満の原因”になってしまいます。

そうなると、あなたは他人にとっては“取り除かれるべきストレスの原因”として扱われます。

そうなると、自分はただの「不平不満を感じていた人」だったのに、ストレス源のせいで自分こそが「邪魔者」にされてしまうのです。

愚痴を言うのはほどほどにして、いかに解決するかを考えた方が、長い目で見ると本当に得なのです。

まとめ

不平不満、愚痴を言わない人が、ストレスが溜まらないかというと、人によっては「相当ストレスがかかる」と思います。

それは不平不満、愚痴を言わないように「我慢している」パターン。

「不平不満、愚痴を言わない」というのが、真に「言わずに行動する」のマインドになっていないと、かなりストレスがかかるのではないかな、と思います。

ストレスとは、結局、自分の思い通りにならないことから始まります。

「不平不満を言わない人」に無理なくなるには、どんな物事に直面した時にも、「プラスの気持ちで取り組む」のマインドを作らない限り、ストレスになるでしょう。

一見、愚痴を言わない人でも、別の場所で言う人、結構います。

それでは「本当の改善」ではなく、「よそへ逃がしているだけ」です。

本当に「愚痴を言わない人」「不平不満を持たない人」になるには、かなりの努力と、考え方の改革が必要なのではないか、と思うのです。

自分を律し、他人に遠慮しない、でも他人を気遣う。

そんな人になれたら、素敵ですね。

では今日も一日、快適を目指して過ごしましょう。