「凄し」の意味は「凄い」じゃない?古文ではおそろしい意味だった!

「凄し」の意味は「凄い」じゃない?古文ではおそろしい意味だった!

「すごい!」といえば、現代では「すばらしい」の意味ですが、古文の世界ではかなり違うようです。

古文では、背筋がぞっとするようなことを、「凄し」と表現します。

すごし〔凄し〕は、景色や様子の「気味が悪い」こと、また殺風景で「さびしい」というとを表すので、かなりホラーな様子を表現する言葉のようです。

それが転じて、ぞっとするほどに「すばらしい」という意味を持つようになったそうです。

現代で言えば、元来、否定的な言葉だった「やばい」が、すばらしいの意味で「やばい」と使われるようになったことと、成り立ちが似ていますね。

転じて意味が変わり、定着した日本語はけっこうありますので、また紹介していきたいと思います。