生理の時におなかが緩くなる!なぜ?解決策は

生理の時におなかが緩くなる!なぜ?解決策は

生理の時におなかが緩くなるのは、子宮の収縮に合わせて腸が動いてしまうからなんです。その対策とは?

生理の時におなかが緩くなってしまう人は、普段から胃腸にやさしく過ごせば改善するそうです。

胃腸にダメージをくらわせるような行動はNG!

具体的には
・体温より暖かいものを食べる
・砂糖は控える
・味の濃いものは避ける
・揚げ物も控えて
・生野菜サラダ、お刺身など生のまま食べるもの

あとは体質に合わないものは避けた方が良いです。人によって違うところなのですが、たとえば
・コーヒー
・牛乳
・ヨーグルト
・乳製品

食べた後で「どうもおなかを壊してしまうな・・・」というものは、普段から避けた方が良いです。

養生してより元気に!

胃腸を元気にしておくために必要なことは、飲食ばかりではありません。

・ストレスは避ける
・体を冷えから守る
・水分はこまめに補給
・寝る直前に食べない
・除湿
・しっかり寝ること

胃腸は食べ物や飲み物だけではなく、ストレスや睡眠不足の影響を受けてしまう臓器です。

体を守る行動を取っていれば、自然と胃腸のためにもなります。過度のストレスを避け、体を温めてしっかり睡眠を取りましょう。

そうして普段から胃腸を整えておくと、生理の時にも子宮収縮の影響を受けづらくなり、おなかが緩くなったり下痢になったりせずにすみます。