英語で説明!「幕府」はshogunate!?読み方と由来、幕府と朝廷の違いは?

英語で説明!「幕府」はshogunate!?読み方と由来、幕府と朝廷の違いは?

英語で日本の文化について聞かれると、どう答えたらいいのか悩んでしまう事柄ってありますよね。

日本史の中でも特徴的なのが「幕府」。

幕府は英語で、「まさか」の言い方なのです。

「幕府」は英語で「Shogunate」!

幕府は、英語で「Shogunate」と表現するのが一般的だそうです。
(「幕府」という言葉が出る話題が一般的かどうかはともかく)

「Samurai」のように、「Bakufu」という言葉を知っている外国人もいるようです。

しかし、よく使うのは「Shogunate」なのだそうです。

徳川幕府」なら「The Tokugawa shogunate」、江戸幕府なら「Edo shogunate」、日本で最初の武家政権は「Kamakura shogunate」となるわけです。

英語で「幕府=Shogunate」語源・由来は日本語!

英語で「幕府」は「Shogunate」。

御察しの方もいると思いますが、その語源は日本の「将軍」です。

「shogun」(将軍)+「-ate」(~する、などの意味に)
→ “Shogunate”(幕府)と、表現されています。

将軍がする(行う)政治・治世・統治、といったニュアンスでしょうか。

「幕府」はShogunate、では「朝廷」は?

幕府は英語で「Shogunate」ですが、では天皇と貴族たちによる「朝廷」は何という英語表現になるのでしょうか?

朝廷は英語にすると「Imperial court」。
「幕府」とは違い、語源は普通に英語です。

inperial」はもともと「帝国の,英帝国」という意味であり、「court」は「法廷・裁判所」の他に「宮廷・宮中・王室」といった意味を持ちます。

チェコのプラハに「Kings court」という5つ星ホテルがありますが、英語で「王宮」と言いたい場合は「king’s palace」「royal palace」と言うようです。

まとめ

英語圏やヨーロッパ圏には「王」「皇帝」がいるので、天皇や朝廷はそのまま英語で翻訳しやすいでしょう。

しかし「幕府」「将軍」という制度は、日本史の特殊な政府であり、翻訳するよりも日本語を語源に造語した方が、きっと早くてわかりやすかったのでしょう。

文化が出会うと、また新しい文化が生まれて、おもしろいですね。

では今日も一日、快適に過ごしましょう。