語学

2/4ページ

古文だと「才」の意味は「才能」だけじゃない!

「才」といえば、現代語では「才能がある」「天賦の才がある」という言葉で使われますが、もともとは違う意味のことばでした。 古文では「才」は、「ざえ」と読み、1つは、現在と同じく「技能」「才能」の意味で、和歌や音楽など、技術の才能がある意味です。 そしてもう一つは、

韓国語で「ハジマン」の意味は「だけど」?他にも使える単語

韓流ドラマでよく聞こえてくる「ハジマン」という言葉。 文章の継ぎ目などで聞こえるので、すごく覚えやすいです。 「ハジマン」の使い方を確認しましょう。 「ハジマン」の意味! 「하지만(ハジマン)」は「だけど」という意味で使われます。英語で言うと「but」の部分です。 正確には「~지만(~ジマン)」という言葉で、言葉の語尾につくので、前の単語に何が来るかで、「ハジマン」だったり「〇〇ジマン」だったりし […]

1 2 4